FC2ブログ

キレ気味な日々

ささいなことでイラっとくる・・・ 随分と怒りっぽくなった中年オトコの日常。

不本意ながら示談

いまいましい示談交渉。
当初は加害者本人へも保険会社へも
つい喧嘩腰の口調もあったものの・・・

穏やかなやりとりに改め,
電話のほかにFAXも併用するようにした。

自分から伝えたいことは形にしておかないと,言い忘れたりするし。





修理費が車両時価額を上回る 「経済的全損」 の場合,
相手が対物超過修理などと呼ばれる特約に入っていない限り
時価額を超える賠償はありえない。

加害者が誠意ある人なら,保険以外でなにか・・・ なんていうこともあるかもしれないが,
今回は全くもってムリ! そんな相手ではなかった。

 加害者は,「保険会社に任せてありますので。」
 保険会社は,「法的賠償責任の範囲で対応します,ご納得いかないようでしたら
          弁護士や相談センターなどにご相談ください。」
    ↑ 口を開けばこうだ 
       そっちに勝ち目なんてあるわけ無い,弁護士でも何でも相談すればいい
       そんな口調だ。 



被害者側である自分がなぜ?と思いつつも,
時価額を上げさせる努力をして,当初提示額123,000円を180,000円に変えさせた。
でも,時価がいくらだから それで代わりの車を買えって言っているにしか聞こえない対応は
本当に頭にくる 

うちのは12年選手の車ではあるが,
これの代わりに,何人かすらわからない他人が12年も使った車なんて要らないっての 
保険会社へは,
  「修理するから,一部でも加害者に負担してもらわないと気がすまない。
   加害者にも正確に伝えてもらいたい。」
と言い続けたが,結局はなんの効果もなかった。
(伝えているのかすら分からない。)





さすがに修理費60万円は払えない・・・
若くして亡くなった義理の弟の車で,
本当に残念だが 廃車することとした。


あとは,代車として用意されているレンタカー・・・
3週間までと言われていたが,こっちだって車が無いと困る。
頭をひねって,「まぁ仕方ないか」 と思わせる理由,日数を書面で要求し
2倍以上に延長させた。
(理由に偽りがあるかどうかは・・・ 想像に任せます 

とりあえず,レンタカー費用が2倍の17万円強になった。
結構高いレンタカー 
ほんの少し,ほんの僅か 気が晴れた。


これ以上は無理,示談書にサインした。 疲れた。
スポンサーサイト



≪ 代わりの車探しホーム決戦は金曜日♪ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

 タカ (papatakamafin)

Author: タカ (papatakamafin)
キーワード:お酒 猫(キジ白) 
        ドライブ 車中泊
        IMPREZA G4
住い:新潟市
性質:短気,ぐうたら,冷めてる
    静かな空気がすき
    仕事はゴムの伸びたパンツ並み




  ↑ ひっそり
  ↓   参加中・・・ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

^ー^

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索